クリームファンデーションを使う時、コンシーラーはどのタイミングでつければいい?

クリームファンデーションを使う時、コンシーラーはどのタイミングでつければいい?

クリームファンデーションを使っている人の中には顔の中で特にカバーしたいという部分がある場合にはコンシーラーを使うという人もいるのではないでしょうか。コンシーラーはしっかりとカバーしてくれてファンデーションだけでは隠れない部分もカバーしてくれますからしわやシミなど様々な隠したいことを隠すのに便利です。パウダーファンデーションの場合には化粧下地を付けてから次にコンシーラーをつけてからファンデーションという順番です。しかしクリームファンデーションやリキッドファンデーションの場合には順番が異なります。どのような順番になるのでしょうか。それはまず下地を付けて、その上にファンデーションを塗ってから、コンシーラーという順番です。

 

しかもコンシーラーを塗るコツがあって普通に塗るのもいいのですが、できれば、延ばして塗るというよりもカバーしたい部分に叩き込むような形で塗っていくのがいいでしょう。それがお勧めの塗り方です。叩き込んで塗っていけばヨレないですし、仕上がりも綺麗です。どうしてもクリームファンデーションは指で延ばしますからその下にコンシーラーを塗っていると上手に延ばすことができず、その部分がかなりヨレたりしわになったりムラが出来たりしてしまうのです。ですからしっかりとカバーするためにも、順番をよく守ってカバーしたい部分はファンデーションを塗ってから叩き込むようにするといいでしょう。塗り方を間違えると仕上がりに差が出ます。